飛鳥Ⅱ① 荷物は宅急便で

↓横浜港 大さん橋ターミナル
DSC00084
「飛鳥Ⅱ A-styleクルーズ~冬彩(ふゆいろ)~」
2015/01/10 横浜発
2015/01/12 横浜着(飛鳥Ⅱ2泊)
食事:朝2回、昼1回、夕2回


飛鳥Ⅱの「旅行申込書」を出してからしばらく後、12月25日に、自宅に郵船クルーズからA4の大きさの封筒が宅急便で届いた。乗船券など重要書類が入っているから、授受を明らかにすためだろう。

封筒の中身は……

封筒内に入っていたのは、以下のとおり。

  1. 乗船券
  2. 日程表
  3. 留守宅控え
  4. 飛鳥Ⅱクルーズガイドブック
  5. 宅急便のご案内
  6. 宅急便送り状
  7. タッグ(荷札)
  8. その他「禁煙のお知らせ」「Wi-Fiサービス開始のご案内」などのチラシ数枚。

同封されていた宅急便の送り状(伝票)には、すでに「お届け先」が印字されていた。もちろんお届け先は、飛鳥Ⅱ。その送り状に、自分の住所・氏名と乗船券に印字されている船室番号だけを転記するだけ。船室まで荷物を運んでくれるなんて、サービスがいい。

荷物はふくれあがる一方で……

2泊3日とはいえ、2回のディナーで同じドレスを着るわけにいかない。バッグ、靴、普段着、パジャマ等々、荷物はどんどん増える。つまり重い。それらを箱やトランクに詰め、あらかじめ宅急便で船室まで届けてもらえるなら、こんなに楽なことはない。送料は元払いだけれども。

船旅が高齢者に人気なのは、重い荷物を持たなくていいからだそう。飛鳥Ⅱ船内で出会ったご年配の女性から聞いた。彼女はリピーターで、一人旅だと言っていた。

宅急便は便利だけれど……

宅急便で自宅から船室まで荷物を送ってくれるなら、乗船客本人は小さなバッグだけで乗り込むことができる。これが飛行機での旅なら、そうもいかない。飛行機でも、もちろん自宅と空港の間は宅配便が使えるけれど、ホテルの部屋までとなると、どうしても自分で持たなければならない区間がある。その点、クルーズは楽だ。

宅急便で発送した荷物は、船室まで届けてもらえる。帰りも、船室から自宅まで宅急便が持ってきてくれる。ドアツードアで、重い荷物を一切持たずに旅ができるなんて、とても楽だ。

ただ、一つだけ残念なのは、荷物を早めに発送する必要がある。今回の船旅の出発が1/10であるのに対し、荷物の受付期間は2014/12/31-2015/01/06だった。つまり、遅くとも出発の4日前までには荷物の箱詰めなり、トランクなりに入れて、発送しなければならい。

ちょっと早い。

結局、自分は色々間に合わなくて、自分で重いトランクを引きずって行くことになった。

かなり辛かった。

【初心者向け】スーツケースの選び方:値段だけで選んじゃダメ!【旅行者目線】

 出発前からクルーズの醍醐味を

飛鳥Ⅱが出航する横浜の大さん橋まで電車を乗り継いでいくとなると、何度か駅の階段を昇降しなければならない。最近はエスカレーターやエレベーターが設置されている駅が多いとはいえ、それでも階段を使わなければならない所もあった。これが数段でも重い荷物を持っているとなると、全然違う。

船旅の醍醐味を味わうなら、乗船前から。

早めに準備を済ませ、宅急便で荷物を送るのがおすすめ。

スーツケースを自分で運ぶ、スーツケースを新しく買うなら、以下の記事をどうぞ。

 

 

飛鳥Ⅱ② ドレスコード
「飛鳥Ⅱ A-styleクルーズ~冬彩(ふゆいろ)~」 2015/01/10 横浜発 2015/01/12 横浜着(飛鳥Ⅱ2泊) 食事:朝2回、昼1回、夕2回 飛鳥Ⅱに乗船するにあたり、一番困ったのが「ド...
error:
タイトルとURLをコピーしました